スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

逆手バイバイ

2007.12.13(21:46)
逆手バイバイって知ってます?
自閉症傾向のあるお子さんがするといわれている行動で、自分のほうに手のひらを向けてバイバイすることです。

「自閉症の子は逆手バイバイをする」という情報はなんか結構ポピュラーらしくて、バイバイができる年齢になって逆手バイバイをすると自閉症を疑ってしまうママさんが多いですよね。

では、どうして自閉症傾向のお子さんは逆手バイバイをするのでしょう?
これは、見たままを覚えるからといわれています。
つまり、人からされるバイバイは彼らから見ると自分のほうに手のひらがあります。
健常の子だと、相手の立場になって相手に向かって手のひらをむけることを判断します。
でも自閉症の子はそれができない事が多いんです。
自分に向けられたバイバイをそのまま自分もするわけです。

さて、どうしてこんな話をしたかというと、なんとNoahさん逆手バイバイをしはじめたんです!
今までのバイバイは手をぶらぶらさせるというか、前後にふるというか、赤ちゃんが最初に覚えるバイバイみたいな感じかな?
「手をふることはまねできるけど、その形まではまねできない」状態だったというわけです。

それが逆手バイバイをするということは、ちゃんとまねができているわけです!!!1歩前進!
もちろんNoahがそこから相手の立場になるなんてまだ相当先だと思うし、もしかしたらできないのかもしれないけど、私としては模倣がひとつ増えたという意味でうれしいんですよね~♪

歌とか言葉はまねするようになったけど、実際の行動ってまねしてるようでな~んか違うっていう感じが多くて、やっぱりきちんとは見えてないんだなぁと思っていたんです。

逆手バイバイできて喜んでる母ってあんまりいないでしょうねぇ(笑)


スポンサーサイト




↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

ヘルパーさんにどう伝えるか…

2007.11.15(22:05)
コムスンが11月から正式にジャパンケアサービスになって、事業所名が「ハッピー○○(地名)」となりました。
つまり今まで「コムスンさん」だったのが「ハッピーさん」になったんですよね。

でもまぁNoahにとってはそんなこと関係なし。
相変わらず「コースンさん」と言っています。
あえてかえる必要もないかなぁと思っていますので私もあいかわらず「コムスンさん」(笑)

まぁそれはおいておいて、今日Sarahの英語の時間にNoahを1時間のお散歩をコムスンさん(あえてこう書きます)にお願いしていました。
このお散歩は毎週同じ時間にしてもらっています。
今回はヘルパーさん単独では2回目の方でした。

Noahも特に嫌がることもなく普通に私とバイバイしてお散歩に向かいました。

私もその間買い物をしていたのですが、5時半までお願いしていたのに5時すぎに急に携帯がなりました。
何かと思ったら、「(ママと別れた)カルチャーセンターの前(Sarahが英語を習っているところ)に行ったら急にお母さんが恋しくなったみたいで…」とのこと。
こんなこと今までなかったので「???」っていう感じではあったのですが、非常に電話でHelp状態であることがわかったのですぐにその場所に向かいました。

行ってみると、Noahは涙を流していて、ヘルパーさんはめがねをテーブルの上において、その顔を見ると2箇所(だったと思う)ひっかききずが…(^_^;
うわぁやっちゃったか~~~
多分パニックおこしたんでしょうね。
昨日つめ切ったばかりだったから逆にとがってたのかな…。

ヘルパーさんが言うには、今日はカルチャーセンターのある階のゲームセンターのあたりしかいきたがらなかった…とのこと。
普段はエレベーターやエスカレーターに真っ先に行くんですけどねぇ。
それでカルチャーセンターの前を通ったらこうなった…と。

でも多分ヘルパーさんの気づかない何か起爆剤があったんでしょうねぇ(^_^;
もしかしたらそこにいけばママがいると思ったのかなぁ???

ヘルパーさんには傷つけてしまったことを丁重に謝り、今日はここまでということで別れました。

Sarahが言うには教室までNoahの叫び声が聞こえていたとのこと。
かなりのパニックですよね。
Noah自身は私がついたことで安心したのか、その後おちついてジュースを買って飲んだりしました。

さて、どうしましょう。
原因がわからないのであればこのまままたそのヘルパーさんにお願いして良いものかどうか。
もしNoahと単に相性が合わないのであれば申し訳ないけどはずしていただくことも考えなければいけないし、そうではなく単にママに会えると思った場所に行ったらいなかったということであればそこには1時間は行かないということにしてもらえばいいし。
これもNoahに聞くことができないから悩みますねぇ。
ただ、今回は私も同じ場所にいたからすぐに行けたけど、家に帰っているときもあるし、もしそうだった場合の対処などはもっと詳しく伝えないといけないですね。
でも原因によって色々だから難しいところなんですけど…。

とりあえず明日コムスン…じゃなくてハッピーに電話してみるかなぁ。


さて、お話はかわって、3月に買った「はらぺこあおむし」のぬいぐるみ。
あまり触らなくなったときに出しっぱなしも何なのでしまっていました。
久しぶりに出してみるとやっぱり好きらしくてず~っと抱っこ(笑)
なんでしょうねぇ。どこがいいのかよくわかりませんが、ぬいぐるみっていうと普段は一瞬抱っこして「エイ!」と勢いよく投げちゃうNoahがずっと抱っこしてるんですからよっぽどなにか良いところがあるのでしょう(笑)

↓だって好きなんだもん(笑)
noah59.jpg







↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

脳波検査

2007.11.11(14:42)
昨日から何かというと「なんだね~?」というNoahです。
おやじか!!!(笑)


さて、昨日行ってきた脳波検査。
結果からお話すると脳波撮れました!
まぁもちろんすべて順調とかいうことではなく、っていうか順調にいったなんてものは1個もなくと言ったほうが正しいかな(笑)

まずクリニックについて、しばらく待ってから脳波室に入りました。
脳波の技師さん(女性の方)が白衣の上にマスクをしていたのでNoahは何か始まると敏感に察知(^_^;
脳波室で眠くなる薬を飲みましたが、それもかなり嫌々。
途中で少し残しちゃったので、お茶を足して何とか飲ませました。
技師さんはそのまま電極をつけようとしていたのですが、そんなのは絶対に無理。
先生にも眠らせてからで良いということを聞いていたので、そのことを話して(先生に確認してたみたいだけど)眠らせてからつけることになりました。

その後30分。脳波室からキッズルームに移っていろいろやってみましたがねない!!!
多分眠いけどがんばっちゃってるかんじ(^_^;
また技師さんが来て薬を足すことになり、さっきと同じくらいの量飲みました。
そして30分。パパとママも一緒に転がって何とか寝かせるのに成功!
結構大変だったけど、前回4時間かけて寝かせたことを考えると1時間ならまぁOKでした(笑)

そして無事寝ているところは撮り終えて、起きたところも撮るということでそのついで(?)に血中濃度をはかるために血液採取をしました。
さすがに起きますね(^_^; あばれて電極取っちゃいそうになりましたが、パパとママでなんとか手を押さえて歌とか歌って気を紛らわせて我慢させて無事に最後まで撮ることができました。

その後しばらくして診察。
脳波を見て、先生がおっしゃるには多分右後頭部からの部分発作だろうということ。
ただそれも「多分」がつくので「絶対」ではないんですよね~。
まぁ先生も脳波を見て最初に出した言葉が「たくさん波が出てるね~」でしたから(^_^;
いつものことですが…。

で、薬を調整してもらいました。
薬もとりあえず1つにして効果を見るということで、現在飲んでいる2つの薬のうち1つをかなり少なくして、もうひとつを増やすことになりました。
急にやめちゃうと大きい発作がくるかもしれないので、やめるほうの薬は少しずつ薬を減らします。
次くらいに1つだけになるかな?
とは言ってもこれが正しい選択かどうかは飲んでみないことにはわからないのでまたかわるかもしれませんが…。

発作は相変わらずですが、不思議なことに朝から昼は発作が多め、夜は少なく脱力も少ないです。
これがまたどうかわっていくかという感じですね。
1回でも発作が減ってほしいものです…。


さて、また話はかわって。
Noahが最近覚えた「おもちゃのチャチャチャ」。
Noahが歌うと

空にキラキラお星様~
 みんなスヤスヤ眠るころ~
 おもちゃは帰る~おもちゃ箱~
 (本当は「おもちゃは箱を~飛び出して~」)

になっちゃいます(^_^;
おもちゃさんたち夜中に遊べませんね~(笑)

↓Noahと久しぶりにお散歩。途中でNoahお得意の投げキッスをパシャ!
noah58.jpg






↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

大阪が特別支援教育を推進

2007.09.27(19:49)
Yahooニュースを見ていてこんな記事を見つけました。

専門免許保有者確保へ 特別支援教育を推進 大阪府教委

 障害のある子供一人一人に応じた教育を行う特別支援教育を推進するため、大阪府教委は27日、教員採用試験で専門免許の保有者を対象に特別枠を設ける方針を固めた。早ければ来年度実施の採用試験から新設される見通し。

 特別支援教育は今年4月から本格的にスタート。盲・聾(ろう)・養護学校は特別支援学校として、これまで蓄積したノウハウを生かして地域の小中学校に支援を行うなど、障害のある子供の教育に関する中核的な役割を担うとされている。

(後略)Yahooニュースより引用


これなんですよ~これ!
障害児の親が望んでいるのは本当に知識のある先生なんです。
もちろん専門免許がなくても知識のある先生はいらっしゃると思います。今までの経験で知識が培われていく先生もいらっしゃるでしょう。
でもそれが新しく採用される先生だとしたらやっぱり安心感が違いますよね。

特別支援学校の先生の何割くらいが専門免許を持っているのでしょう?
さすがに「持っていますか?」なんて聞きづらいので実際の所は知っている人は少ないと思いますが。

でもこれは特別支援学校だけでなく支援級でも同じ事が言えますが、健常の子どもたちよりも多くの支援が必要だからこそ支援学校や支援級にいくわけですからそれだけの知識を持った先生が必要なんです。
実際には専門免許という名前の知識がほしいと言った方が正しいんでしょう。

親にはわからないことがいっぱいあります。
ぜひこれからもどんどん頼れる先生が増えて欲しいですね。






↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

TBSドラマ「マラソン」見ました

2007.09.21(18:41)
1週間も間があいてしまいました(^_^;
この間に色々あったので順番に書いていきますね。
何日かかるかな?(笑)

以前記事にも書いたTBSドラマ「マラソン」が昨日放映になりました。
見た方も多いんじゃないかな~?

私のまず第一声。
「二宮くんってこんなに演技がうまいの???!!!」でした。
いや~申し訳ない。
ジャニーズだし、嵐だし、ちょっと「どうなの?」って思ってました。正直なところ。
本当に失礼いたしました。

でもあの演技はきっと相当自閉症の方と接したんでしょうね~。
じゃないと無理ですよ。ほんと。
目線とかしぐさとか、大人の施設に行くとそのまままぎれてしまいそうでしたね~。

あらすじは前回も少し書いたのでおいておいて。
実際には自閉症だから…というところよりも家族の結びつきとか親ばなれ子ばなれとかそういった観点から描いているのかなぁという感じでした。
障害児が家族にいることで、兄弟や夫婦関係、親子の結びつきも健常児だけの家とはかなり違ってくると思います。
奥さんが旦那さんに対する不満(でもこれは実際には当たってるだけだったりする)や兄弟の不満がきれいにかかれていたと思います。

あと自閉症の方のよくある特性は結構出てきましたね。
急にさわられるのがだめだったり、耳で言っても通らなかったり、言われたことを言葉通りに取ってしまったり、予定変更がだめだったり…。

まぁこういう特性は全ての自閉症の人にあるわけではないんですけどね~。
100人いれば100通りということで。

うちの近所の駅も出てきたし、色々な意味で楽しめました。
録画したのでまたゆっくり見たいと思います♪






↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

| ホームへ | 次ページ

プロフィール

Author:Noahmama
Noahは重度知的障害と特定不能の広汎性発達障害を持ち合わせています。
現在支援学校小学部の5年生。
明るく楽しい障害児です♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2 SEOリンク
ブログ検索

RSSフィード
アクセス解析


Powered By FC2ブログ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。