スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

小さい声で!

2007.07.31(22:08)
発達障害のある子には否定的な言葉だけで教えるのはよくないと言われます。
まぁ多分それって健常児でも同じだと思うんですけどね~。

例えば何かいけないことをして注意をしたとしてもその次に「どうしたら良いのか」を教えることが大切なんです。
方向性を持たせるということですね。

私も一応意識してはいるつもりです。

実はNoahが時々奇声というか大声というか、かなり大きな声で話すことがあります。
そういうときは「大きい声はしません、小さい声で!」って言っていました。
Noahも興奮すると声が大きくなるのでたびたびこの言葉は言っていたと思います。

そしたらちょっと前からNoahが大声を出すとその後に自分で「小さい声で!」って言うようになったんです(笑)
このこと自体が良いことか悪いことかはよくわかりませんが、少なくとも「大きい声を出したときにこういう風に言われるんだ」っていうことは理解しているということですよね。
そういうところがわかってきてるんだなぁって思います。

でもなんか自分で「わ~~~!!!」とか言った後で「小さい声で!」っていってるのを聞くと笑っちゃうんですけどね~(笑)


スポンサーサイト




↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

コロンコロン

2007.07.29(22:17)
「コロンコロン」これはNoahの言葉です。
何だと思いますか?

実は今日夕方くらいから雨が降り始め、夜にはものすごい雷雨になったんです。
そしてものすごい音の雷がなるとNoahが「コロンコロン」といって笑います(^_^;

そんなかわいいものじゃないと思うんだけど…。
しかも笑ってるなんて意外と大物?(笑)


昨日のお祭りでSarahがくじであてたプーさんのビニールでできただっこちゃん型の人形が気に入ったようで、教えなくても「プーさん」とちゃんと言っていました。
以前使っていた毛布がプーさんで、結構気に入っていて「プーさん」とは言えていたんだけど、立体のものに対して同じように「プーさん」といえたということは同じ物だと理解したんでしょうね~。

さて、そのプーさん。
Noahに抱っこされて階段を「プーさん、プーさん」と上ってから思いっきり階段下まで投げられていました(^_^;
階段から物を投げるのが好きなんですよね。
でもプーさんかわいそうに…。

poo.jpg

↑かわいそうなプーさん。ちょっと悲しげ?
 でもNoahはプーさん好きなんだよ~(笑)




↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

震災で思うこと

2007.07.28(22:14)
中越沖地震の被災地をテレビで見ていると本当につらい気持ちになります。
私も昔あの地域に住んでいたことがあるんです。
住んでいたのは以前地震のあった小千谷市。
小さい頃は長岡市も住んだことがあるし、柏崎は海に行ったりしたこともありました。
父が転勤族だったので新潟に限らずあちこち引っ越していたので、当時の友達とは今は音信のある人はいないのですが、それでもやっぱりどうしているかとても心配です。

今日Yahooニュースを見ていてこのような記事をみつけました。

<中越沖地震>アレルギー症状悪化 被災地で対応策取れず

新潟県中越沖地震の被災地で、アレルギーのある子どもなどへの対応が、十分とられていないことが分かった。混乱の中で食物アレルギーに対応した食べ物がなく、当初はおにぎりしか口に出来ない子どもや、断水で入浴できずにアトピー性皮膚炎が悪化するなどの例が出ている。専門のNPO法人がアレルギー食を現地に送る体制を整えたが地元自治体の受け入れ態勢ができずに実現しておらず、NPO法人は「アレルギー患者には切実な問題」と訴えている。
(後略)

これってかなり切実な問題ですよね。
Noahも私もアトピーがあります。
食事はNoahが卵をぬいているくらいで(卵料理自体を食べさせないだけで卵の入ったお菓子とかは食べてます)あとは塗り薬で何とかなっているけど、被災地ではそんな薬だってどの程度キープできるのかわからないし、中には食事制限がものすごくきつい子もいるわけで、そういう子はどうしているのか…。

でもこのニュースを見てアトピーに限らず、障害者はどうしているんだろうととても気になりました。
高齢者の方が大変だということもテレビで報道されていましたが、障害者については全くわからない状態です。

例えば避難所に行かなければいけなかった場合、自閉症の子などで大人数の場所がだめだったりうるさい場所がだめだったり色々ありますよね。
みんなどうしているんだろう…。

でもこれって他人事じゃなくて、いつ自分の地域にも同じ事がおこるかわからないですよね。
やっぱり日ごろの備えって大切なんだろうなぁと思っています。
でも一体Noahのために何を用意しておけばいいのか実はよくわかりません。

以前揃えたものをこの前見てみたらおむつとか服とか缶詰とかは一応入れていたのですが、そんな普通にしていていいんだろうか?
もちろんてんかんにしてもアトピーにしても備えのために薬なんてもらえないし、そういうものはどうしたらいいのか…。

こう書いていてもよくわからないんですよね。
何か実際にこんな工夫をしている…という方がいらっしゃいましたらぜひ教えてくださいm(__)m


今日は近くでお祭りがありました。本当はお祭り&盆踊りなんだけど、さすがに盆踊りは人もすごいことになるのでその前に帰りました。
でも実は会場に行く前に駅を通ったらNoahはそっちにいきたがってしまったのでNoahとパパ、Sarahとママという組み合わせでわかれました。

Sarahと会場についてからパパにメールするとどうやら電車に乗った模様(笑)
電車好きだからね~
でもその後また戻ってきて納得したのかお祭りの会場に来れました。
ちょうどSarahと私がかき氷を食べていたのでNoahにあげてみるとたいそうお気に召したようで顔が生き生きしていました(笑)

会場では支援級で一緒の子や1年1組の子に会って、どちらもNoahに声をかけてくれました(^_^)

今日は久しぶりに写真を撮ったので1枚だけ。
どアップです(笑)

noah49.jpg





↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

自閉症の天才少年イラストレーター

2007.07.25(22:01)
昨日の日本テレビの「NEWSリアルタイム」の中の特集で「母と子をつなぐ動物の絵~自閉症の天才少年イラストレーター~」というものをやっていました。

たまたま「自閉症」という言葉を拾い聞きして途中から見たのですが、簡単に内容をお話すると、17歳の知的障害と自閉症をもつ男の子のお話で、まずご家族はお父さんは単身赴任でお母さんはスナックを経営しています。
お母さんが夜のお仕事のため、ひとりで留守番できない彼は毎晩スナックに行って絵を描いています。

彼の描く絵は動物の絵。
怒った顔、笑った顔、ものすごく表情があるんです。
スナックのお客さんの似顔絵を描いていたのですが、みんな動物になっていました。
彼自身は自分を描くときに子犬を描いていて、お母さんはドラゴンでした(笑)
お母さんの存在は大きいんでしょうね~

私がこの特集を見て思ったのは、彼の絵のすばらしさとお母さんの考え方。
お母さんは彼が人に迷惑をかけるようなことをするとちゃんと納得するまできちんと説明して叱ります。
いい加減なことをしていない。すごいなぁと思いました。
親子関係を見ているとお母さんがどんなに大切に育てられたかがよくわかりました。
そして、お母さんが働いているのは彼の将来のため。
やはりできるだけのものを残してあげなければいけないという考えからのようです。
本当にしっかりしたご両親に育てられているんだなぁと思います。

あと彼の表情がとても純粋で素敵だと思いました。
Noahもあんな風になってくれるといいなぁ。

石川県で個展も開かれました。
またやるようです。
近かったら絶対に見に行くのに…。
関東でもやってくれないかな。

母と子をつなぐ動物の絵~自閉症の天才少年イラストレーター~
↑こちらのサイトで内容と写真を見られます。




↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

夏休み突入~~~

2007.07.21(21:19)
私の体調もやや回復してきました(^_^)
熱は昨日から出なかったので結構楽になってきました。
ご心配をおかけしました。

で、SarahとNoahは夏休みに突入です~
とは言っても前回書いたようにうちの市は2期制なので成績表は10月と3月しかもらえないので終業式もなし、成績表もなしで夏休みに入ります。夏休み直前まで授業やってるって何となく変な感じです。
去年からのことなので何となくまだ慣れないんですよね~(^_^;

SarahもNoahもおかげさまで夏休み前は1日も休まずに登校できました。
最近は体調を崩すことも少なくなってきたので本当に助かります。
風邪ひいても咳とか鼻とかくらいですんじゃうんですよね。

さて、夏休みどうすごそうかなぁと考えています。
施設にいたときは夏休みって1週間しかなかったんですよ。
もちろんSarahは普通に1ヶ月半くらいありましたけど。
こんなに長いお休みはNoahにとってははじめてなわけです。

一番心配なのは、長い休みの後って私に対する依存がすごく大きくなっちゃって大変なんです。
だからあまり長い時間一緒にいるのはお互いのためによくないと思って、今回の夏休みはショートステイや余暇支援施設をうまく利用していこうと思っています。
もちろん1日中一緒にいる日もあるけど、そんな時もできるだけべったりにならない工夫はしていきたいですね~
なかなか難しいんですけどね(^_^;

少しスケジュールを決めて行動してみようかなぁとも考えています。
夏休みは私にとっても勉強の時間になるかなぁ。





↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

ミニ遠足

2007.07.19(19:18)
今日は支援級のみんなでミニ遠足に行く日でした。
うってつけの曇り空。カンカン照りだと帽子をかぶらないNoahにはきついもんね。

家のすぐ側の道を通るのでNoahはそこからみんなと合流することになりました。
予定時間にその場所で待っているとみんなゾロゾロと歩いてきました。

そこから歩いて30分くらいの大きな公園に行く予定です。
Noahと合流の場所は遊具があるのでそこでみんなちょっと休憩&お遊びタ~イム!
Noahは切り替えをしたいのでいつまでも私がいると嫌がるのでさっさとバイバイして、木陰で様子を見ていました(爆)

しばらく遊んでからみんなと楽しそうに歩いていってましたよ♪

帰りは近くの駅まで電車に乗って帰ってきました。
駅までお迎えです。
先生に聞くとくるくるまわる遊具で楽しそうに遊んでいたそうです。
トイレも子供用トイレがあったのでそこで何と言うことなくしていたらしいので安心しました(^_^)
洋式がなかったらNoahはまだできないですからね~
念のため1枚おむつをいれておいたんですけど(笑)
でも用なしだったようです。

お弁当はおにぎりが1個残っていたけどあとは全部食べてくれていました。
朝もおにぎりだったからね~(笑)


さて、話がかわって体調悪しです。
悪いのはNoahではなく私です…(^_^;
ここ3日ほど鼻がアレルギーが出てるかなぁと思ってるんだけど全然治らないし熱もちょっとあるので気をつけないとなぁと思っています。

熱あるのに何でパソコン?って思われそうですが、パソコンの前に座っているのが一番楽(笑)
横になってるとNoahが乗ってくるし、何かと要求されるので寝てる状態から起きあがるのがつらいんですよね。

明日までで学校も夏休みに入ります。
うちの市は学校が2期制なので1学期とは言わないんです。
でも呼び方に困っちゃうんですよ。夏休み前?っていうのかな?
10月のはじめに前期が終わって秋休みが入って後期になります。
とりあえず明日は送り迎えがんばらないといけないのであさってからは死んでるかも(^_^;

せっかく1日もお休みしないで学校いけてるし、夏休み前最後の日だから絶対に行かせたいんですよね~
Noahが体調不良なら仕方ないけど私の体調不良で休ませるのはかわいそうだし。
先生にもちゃんとご挨拶したいし。

さて、どうなるのやら…。





↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

久々のおもらし

2007.07.18(12:50)
本当にどれくらいぶりでしょう?おもらししたの。
トイレでパンツにひっかけちゃった…とかそういうのは何回かあったけど(笑)

しかも場所は学校でした。
しかもしかも学校の職員室でした(^_^;
そして床をふいてくれたのは校長先生だったそうです~~~

何でもNoahは職員室のパソコンのスクリーンセーバーが好きらしくて、じっと見て喜んでいるんですって。しかもほぼ毎日行ってるらしいです(笑)
これじゃ他の先生もNoahのこと知ってるはずですよね。

で、Noahのおもらし後のひとこと。
「きもちい~~~

先生方ごめんなさい~~~





↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

エコバッグとあさがお

2007.07.17(13:34)
今日はNoahじゃなくてNoahmamaのお話です(^_^)

実はず~~~っと前からエコバッグがほしかったんです。
でもうちの近辺に売っているものはな~んかおばさんくさかったり(まぁ年齢的にはおばさんなんですけどね(^_^;)逆にキティちゃんとかキャラクターものだったりしていまいち…。
そんなにファッション性を求めるものでもないかなぁと妥協しようかと思ったのですが、今日はデータ入力のお仕事も一段落してNoahも5時間だし、家に布もいっぱい余っているのでありもので作ってみることにしました。

どんな形にするか悩んで色々検索してみたら手作りの主流はスーパー袋型っぽいし、結構簡単そうだったのでそれにすることに。
LONGRIVERさんという方の「LONGRIVERの徒然なるままに」というサイトに直裁ちのエコバッグの作り方が書いてあったので、型紙作るのが嫌いな私向けだと思って見ながら作ってみました。

つくりはじめからできあがりまで1時間ちょっと。
手作りするには私にとっては最適な時間かなぁ。
あんまり長く時間とっちゃうとお迎えの時間を気にしないといけないし、一気に作っちゃいたいタイプだし(笑)

で、できあがったのがこれ↓
ecobag2.jpg


たたむとこんな感じになります↓
ecobag.jpg


今日はお買い物行っちゃったので明日から使ってみようっと♪


そして、ずっと気になっていたNoahのあさがお。
13日から持って帰って良いということだったし、台風も近づいていたので13日のうちに持って帰ってきていました。
台風の風にも負けずに家に来てからも結構元気に伸び続けています。

で、とうとう!やりました!
今朝花が咲いていたんです~~~

葉っぱがしげっているのでちょっと見づらいですが、薄ピンクの小さめのかわいい花でした。
がんばって咲いてくれてうれしいわ~(^_^)

asagao4.jpg


↓わかりづらいのでちょっとアップで。
asagao5.jpg






↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

お水やり

2007.07.15(06:49)
現在台風4号が向かってきている関東地方です。
でもまだ嵐の前の静けさなのか、雨がパラパラ降ってるだけ。
多分午後とか荒れるんでしょうねぇ(^_^;
まだ学校の日じゃなくてよかったけど。

さて、以前ちょっとだけ書いたかもしれないけど、Noahのお手伝い?を考えているのですが、その第1段として庭の植物の水やりを始めています。、あだ2回だけだけど…。

先日の個人面談で、学校で蛇口をあけることを練習していて、あけることはできるようになった(しめるのはまだできません)ということだったので、我が家の唯一のひねるタイプの蛇口、外の水道でその練習も兼ねてやってみることにしました。

言われていたとおり蛇口をあけることは何と言うことなくできていましたね。
で、蛇口の下にじょうろをおいておいて、水を入れさせました。
ちょうど良い頃にまた蛇口のカランを持たせるとしめる方向ではなくまたまたあける方向に回しちゃうのでジャーーーーーーとすごいことになってしまいましたが反対回しって難しいんでしょうねぇ、とりあえず手を添えて一緒にやりました。

その後植物にお水をあげる作業。
いや、結構楽しんではいるんですよ。
もちろん私も一緒にじょうろを持ってやってますが。
で、問題は右手でじょうろを持って、左手でじょうろの中の水をさわってるんですよね(笑)
まぁお水好きですから仕方ないんですけど。

そしてもっと問題は終わって…っていうか終われない(^_^;
「おしまい。おうち入ろう」っていうと嫌がって暴れます~
パニックまではいかないですけど、半泣き。
まぁでも家の洗面所でお水出してあげればすぐそっちにいくのでまだ何とかなっていますが。

そんな感じですが第一段のお手伝い。しばらくこのまま続けてみるつもりです(^_^)





↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

音楽療法

2007.07.11(21:27)
施設では月に2回ほど行われていた音楽療法。
小学校ではさすがにないので、習い事感覚で始めることにしました。
音楽療法とは、音楽を通して心身を健康な状態にもっていくというものです。
Noahは歌も楽器も好きなので結構あってると思うんですよね。

施設でやったときはクラスごとだったので、6~7人ということでちょっと人数が多かったのですが、今回は3人ではじまったのでそういう意味ではじっくりできるんじゃないかな?
これはもちろん親も一緒にやるので、Sarahはどうするかなぁと思っていたのですが先生が一緒にやっても大丈夫ということだったので同席させました。

まず最初はみんなで輪になって音楽に合わせて体を動かすことから。
右に動いたり左に動いたり、ジャンプしたり、真ん中によったり逆に離れたり…などなど。
Noahはかな~~~~りはしゃいでいました(笑)
「おもしろ~い」と言いながらピョンピョンはねてましたよ~
そしてホースをわっかにしたものをかぶって電車ごっこ。
NoahはSarahと一緒のわっかに入ってやっていました。

後半はいすに座って楽器をさわります。
ここで問題なのは、楽器を配るときやひとつの楽器を順番にやるとき、また楽器に飽きたときに全然待てないんですよ(^_^;
もともとそうだったので期待はしていませんでしたが、このあたりはNoahにとっては課題でしょうね~

今日はだいたいそんな感じで終わりました。
Noahにとって良いものかどうかは続けていかなければわからないけど、少なくとも好きなことをやっている時は生き生きとしているので楽しんではいるようです。

はしゃぎすぎて疲れたのか今日は8時前に寝てしまいました(^_^;
さて、明日何時におきるんでしょう。こわいわ~







↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

学校でのできごと

2007.07.09(17:40)
今日いつものようにNoahをお迎えに行くと、支援級のそばで支援級の子と高学年(多分6年生)の女の子たちが遊んでいました。
自閉症の子でうまく関わることができない子なのに一緒にゲームみたいなことをしていてびっくり。
多分お姉さんたちが色々合わせてくれていたんでしょう。

Noahのお迎えにいって、その帰りにその子たちが「Noahくんさようなら~」って言ってくれたんです。
ちゃんと名前も知ってくれてるんですね~
健常児の中にも支援級の子たちに関わってくれる子もいるんだなぁってちょっと感動しました。
Noahもバイバイしてました(^_^)

そういえばちょっと前にもNoahが昇降口で靴を変えていると「お~またな~!」ってNoahに声をかけてきた4年生くらいの男の子もいました。

Noahは今まで施設の中で、自分に声をかけてくれるのはほとんど大人だけという世界にいました。
小学校にあがって全く変わった環境に入り、子どもとの関わりを持たずにはいられないようになっているわけです。
これって多分Noahにとってかなりの刺激になっているんじゃないかなぁと思います。
Sarah以外の子どもが自分に関わってきてくれるっていうことを認識してくれる良いきっかけになってくれるといいなぁと思います。


さて、ちょっと気になっていたあさがおですが、結構成長してきました。
今はやっとツルが伸びてきて支柱に巻き付き始めました。
もう花が咲いてる子もいっぱいいるんですけどね(^_^;
でもよく見るとツルのところにすっごく小さいつぼみがあるんですよね。
いつ咲くかわかりませんが、遅咲きのあさがお、Noahみたいでかわいいかもしれませんね(笑)

asagao3.jpg






↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

SarahとNoahの会話?

2007.07.08(16:16)
Sarahがこの前私にこっそり話してくれました。
こんな会話?があったそうです。

Noah 「ねえね~」
Sarah 「な~に?」
Noah 「かわい~!」
Sarah 「ほんと?」
Noah 「ほんと~」

そしてこのあとぎゅ~ってNoahがしてきたそうです。
(訂正)そしてこのあとちゅ~ってNoahがしてきたそうです。(Sarahから訂正が入りました(笑))
Sarahはめちゃくちゃうれしかったみたいで、ニコニコしながら私に話していました(笑)

Noahは本当にSarahのことが大好きです。
やっぱり子どもの中で一番信頼できる人なんでしょうね~♪






↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

歯科での悲しい事故

2007.07.07(06:57)
久しぶりに早起きのNoahにつきあって起きてパソコンしていたら悲しいニュースを見つけてしまいました。

全身麻酔で虫歯治療の女児、急性心不全で死亡…山梨

 山梨県は6日、県立あけぼの医療福祉センター(同県韮崎市、佐藤英貴所長)で5日、全身麻酔で虫歯の治療を受けていた同県甲斐市の女児(9)が心停止状態となり、約6時間後に死亡したと発表した。

 死因は急性心不全で韮崎署が司法解剖を行い、詳しく調べている。

(中略)

 治療は、県歯科医師会から派遣された男性歯科医、麻酔科の女性医師ら7人が行った。女児は重度の知的障害を持ち、手術中に動いてけがをする恐れがあったため、全身麻酔を施したという。同センターは「適切な方法で治療は終盤まで順調に行われていた。どうしてこうなったか全くわからない」としている。
(Yahooニュースより)


障害児にとって歯科治療はかなりの難関です。
健常児だってそうでしょ?それでも歯の麻酔をしたり我慢させたりして何とかなるけど障害児はそういう我慢ができない子が多いです。
全身麻酔をして歯科治療というのはわりとポピュラーになってきていると思います。
Noahのお友だちでも2人治療した子を知っています。
ただ1本や2本の虫歯では全身麻酔はしないですよ。
10本以上あったりすると全身麻酔をかけて全部一気に治してしまうわけです。

ただ、1本や2本の虫歯で全身麻酔で治療したというケースは私は聞いたことがありません。
友達の子たちはふたりとも10本以上あって一気に全部なおしてしまっていました。
でも確かに全身麻酔はこういうリスクがあるんですよね…。

手術するわけでないのに全身麻酔をするべきかどうか、という点も問題になりそうですが、私はこれは仕方ないと思います。
Noahはそうではなかったですが、中には歯磨きが嫌いな子、ジュースしか飲めない子もいるんです。
そうなると確実に虫歯になりますよね。

Noahは今は虫歯はありませんが、今後できる可能性はあるわけです。
そのために歯医者に慣れておく必要があるかもしれません。
我が家から車で20分くらいの所に障害児を診てくれる歯医者さんがあるという話を友達から聞いています。
一度行ってみようかな。そこはいすに座るところからはじめてくれるそうです。1日目はそれでおしまいとかそういう感じで。
でも、それって慣れるまでに時間がかかるということですよね。
ということは虫歯ができてからでは遅いですよね。

同じように床屋さん(これはせっぱ詰まってはいないけど)、耳鼻科でこういう風に受け入れてくれるところはないですかね~
耳鼻科は電車で30分くらいのところにはあるんですけど通うには結構な距離ですよね(^_^;
ちょっと悩みますが、まずは歯医者さんチャレンジしてみようと思います。







↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

個人面談

2007.07.06(21:34)
今日はNoahの個人面談がありました。
Noahのとは言っても話をしたのは先生2人と私だけですが…。

その前に個別支援計画表をいただいていて、Noahの現状、これからの短期目標、長期目標など事細かにかかれていました。
はっきり言って申し分のない個別支援で、本当に先生のおうちの方に足を向けて寝られないという感じです。

とりあえず今は身辺自立を全体に考えていきながら、一応教科にあった内容を取り入れた支援となっていました。
例えば国語なら「事物の名称」「音声模倣」「なぐり書き」とか、算数なら「数唱」「数字のマッチング」などなど…
もちろん教科書を使ってお勉強なんてできませんから、先生も色々考えてこういう風になったんでしょう。
ただ、Noahは相変わらず机につくのが嫌みたいで、なかなかきちんとした形ではできないので、まずはそこからという感じではあるんですけどね~
「机につく=何かをやらされる」という意識が強いみたいですね。
楽しんでやっていけるといいんですけどなかなか難しいですね。

その他に先生がこれから力を入れていきたいのはお友だちの名前を覚えることだそうです。
ひとりだけ近所のお友だちが支援級にいて、そのお友だちの名前は時々よぶそうです。
お友だちの名前を覚えて呼ぶということはお友だちを意識することにつながるという考えからの様で、大人にはめちゃくちゃ興味があるけど子どもにあまり興味のないNoahには大切なことなんだと思います。

最近は暑さでゴロゴロしていることも多いようですが、プールはものすごく喜んでいる様で、どの先生からも「Noahくん水が好きなんですね~」って言われます(笑)

家でもこの支援計画に合わせて色々やってみようかと思っています。

↓Noahの得意な後歩きです。最近少なくなってきたけど。



↓動画から切り取ってみました。
noah48.jpg





↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

富山型デイサービス

2007.07.03(20:37)
Noahと関係のないネタが続きます。
でもある意味感動したので…。

今朝のとくダネでやっていた特集で、「富山型デイサービス」というものがありました。
富山型というだけあって富山県の方がやっていらっしゃいます。
これがすごい!
高齢者、幼児、障害者(児)を誰でも同じ場所で預かってくれるんです。
そしてともに刺激しあってるという感じですごしていました。

実際には色々問題もあるんじゃないかなぁと想像したりするのですが、でもそれがご近所づきあいで成り立っているのがよくわかりました。
ご近所の人が差し入れしてくれたり、いらない食器を持ってきてくれたり、また高齢者の人とお話をするためだけにきてくれたり(自分も暇だったのかも?)
つまり今の都心では成り立たないサービスなのかもしれません。
それはそれで悲しいことだけど。

でもすごく理想的なデイサービスだなぁって思いました。
子どもは別として、高齢者の方は自分が行きたいというかんじで行っていたし、人とのふれあいによってかなり刺激しあっていた感じでした。
障害児の男の子が一人出ていましたが、ヘルパーさんがひとりついて公園で遊んでいました。
そこに高齢者の車椅子の方が自分で車椅子を動かして一緒についていってその子の動き回るのを見るのが楽しくて日課になってると言っていました。

人手としては足りているのかなぁ?とも思いましたが自分でできることは自分でやるっていうやり方で何とかなっているのかもしれません。
小さい子にもおかずの入った食器を運ばせていましたし。

高齢者にとって子どもの様子を見るというのはある意味セラピーになっているのかもしれないですね。

こういうところでデイサービスを受けられるって幸せかもしれないなぁとつくづく思ってしまいました。





↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

すごいぞ千葉県!

2007.07.02(21:43)
千葉県がすごい条例を施行しました。
これはお伝えしなければ。そしてこういう条例はどんどん施行してほしいものです。

障害者差別なくす県条例:施行 問題解決、話し合いで 相談窓口が助言・調整 /千葉

 全国で初めて制定された障害者差別をなくすための「障害のある人もない人も共に暮らしやすい県づくり条例」が1日、施行された。千葉市では障害者の地域での生活を考えるイベントが行われ、寸劇や講演を通じて条例施行後の障害者を取り巻く環境について参加者が熱心に聴き入った。関係者は「誰もが暮らしやすい社会づくりの第一歩」と話している。
(中略)
 条例は、(1)「差別とは何か」を明らかにするために差別を定義(2)差別があった場合に解決するための仕組み作り(3)差別の背景にある構造的な問題に取り組むシステム(4)障害者への配慮などに力を入れている組織や人を応援する仕組み――の4本柱。
 差別の定義は、福祉サービス▽医療▽商品・サービス▽労働者の雇用▽教育▽建物・公共交通機関▽不動産の取引▽情報の提供の8分野で、何が差別にあたるかを明らかにした。差別は、する側も認識しないまま行う場合が多いためだ。

(Yahooニュースより)

ものすごい明確だと思います。
差別とはどういうものか、もちろん人によって感じる部分って違うと思うけどそれでも最低限の部分を表記されているんじゃないかなぁと思います。
条例っていうと固いイメージがあるけど、別に条例じゃなくても県としてそういう動きがあるっていうのは本当にうらやましい限りです。

うちの県は…福祉の予算を減らそうとしている位だからだめでしょうね…(T_T)





↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

公園で水遊び Part2

2007.07.01(19:53)
昨日のことですが、おばあちゃんも一緒に先日お水遊びした公園にいきました。
行った時間がすでに夕方にさしかかっていたのとやや曇り気味だったので公園はすいていました。

前回公園に行ったときはお水遊びもちょっとこわごわという感じでしたが、今回は慣れたのか結構楽しく遊べてましたよ(^_^)

今回はビデオも持っていったので動画をお届けしま~す(笑)
Noahの顔が水に濡れてふいてくれるのがおばあちゃんです♪
でも顔は出ませんが(笑)




noah47.jpg

↑動画が見られない方のために♪





↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

| ホームへ |

プロフィール

Noahmama

Author:Noahmama
Noahは重度知的障害と特定不能の広汎性発達障害を持ち合わせています。
現在支援学校小学部の5年生。
明るく楽しい障害児です♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2 SEOリンク
ブログ検索

RSSフィード
アクセス解析


Powered By FC2ブログ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。