スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

視覚的に伝える

2006.11.01(14:32)
発達障害のある子は不思議なことに耳から入る情報よりも目から入る情報の方が伝わりやすいという特徴があります。

例えば「いすに座ろう」と言うよりも「いすの写真」を見せるほうが伝わりやすいのです。

おそらく療育施設では一般的に行われている方法だと思いますが、具体物やカードを見せるという方法で伝えやすくしてあります。

障害のある子に一番伝わりやすいのは実物を見せること。
でもこれが小さい物なら良いのですが、場所や大きい物や身近にないものの場合難しいことになります。
この場合、まずはじめることが具体物を使うこと。
具体物というのは例えば「りんご組のお部屋に行こう」というときに「りんご」のおもちゃ(おままごとに使うようなプラスチックのりんご)を渡すことで「りんご組にいくんだ」と伝わるようになるんです。
もちろん最初はそれを持たせて誘導しないとわからないですけどね。
そのあたりも日々の積み重ねなんです。

そして少し成長すると具体物ではなく「写真」を見せるようになります。
写真にも種類があって、普通に撮っている写真はかなり高度。
写真の一番見てほしい部分を切り抜いて白い紙に貼ったりするのが第一段階ですね。
それでわかるようになればまた一段階あがって普通の写真になります。

また少し成長するとそれが「絵カード」になります。
つまり絵で示すわけですね。

そのまた次は「文字カード」です。
ここまでくると楽だろうな~と思います。
紙に字で書けば伝えられるんですものね~
まだまだNoahには遠い未来の気がしますが…

我が家で実際に使っているカードは今は写真です。
方法は2つ。
デジカメで写真を撮ってラミネータでカバーする

CA330049.jpg


ポラロイドカメラチェキなどで写真を撮る

CA330048.jpg



本当はラミネーターを使った方がもちもいいですし、かさばらないのですが、チェキを使うと簡単にできるので我が家ではほとんどその方法を取っています。
チェキの写真は文字も入れることができるのも便利ですね

また次回はカードの使い方などを書きたいなぁと思っています。






↑今のランキング見てね♪ クリックしてもらえると明日の励みになりま~す(笑)

<<風邪ひきさんです… | ホームへ | 七五三撮影記>>

コメント
この方法知っています。よく先生達が使っていた方法です。
さすがに、学童2年目になると、この方法はあまり使用されなくなりました。それだけ認識されているってことなのかな??
けど、認識する方法としていいですよね。
【2006/11/01 23:58】 | ケロ #- | [edit]
実際の生活の中でどれくらい利用しているか…というと意外と少ないかもしれません。
Noahの場合言葉で通ることが結構多いんですよね。

ただこれから行くところを示してあげたり、これをしたいという要求を聞いてあげるときには便利です。

学童でも例えばみんなにむかって「今から○○するよ~」みたいな時に絵に描いたりとかってないかな?
そういうときに(もちろんそういうときは大きいもので)利用すると理解しやすい子もいるかもしれないですね。

実際には健常の子も視覚的に指示してあげたほうがわかりやすいよな~って私は思っています。
例えば今日のもちものをホワイトボードに書いてあげるとか。(上の子が1年生のときにやっていました)
このあたりはまた記事にしようと思ってま~すv-221
【2006/11/02 13:35】 | Noahmama #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://happynoah.blog72.fc2.com/tb.php/11-99762b1f
| ホームへ |

プロフィール

Noahmama

Author:Noahmama
Noahは重度知的障害と特定不能の広汎性発達障害を持ち合わせています。
現在支援学校小学部の5年生。
明るく楽しい障害児です♪

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2 SEOリンク
ブログ検索

RSSフィード
アクセス解析


Powered By FC2ブログ
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。